伝統的や文化を守る

正座をする新郎新婦

東京には教会式ができる会場がたくさんあります。しかし、最近では神社で挙式を行なう神前式が再注目されています。日本の伝統や文化を守るためにも、あなたも選択肢の一つに入れてみませんか。

最ブーム

和傘

あなたは結婚式というとどういったイメージを持っているでしょうか。
やはり、純白のウエディングドレスに教会で…といったイメージをする方が多いと思います。しかし、最近では、ウエディングドレスを着用して教会で式を挙げるというカップルだけではなく、和装で結婚式をするという「神前式」が注目を集めています。

神前式は再び注目されている結婚式のスタイルではありますが、実際には非常に歴史がある結婚式のスタイルです。こうした神前式というのは教会ではなく、神社や神殿で執り行われます。
神社というと初詣やお宮参りでしか行かない…という人が多いのですが、こういった場所というのは非常に伝統を感じる場所であり、神聖な場でもあります。そのため、日本人だからこそ、教会式ではなく神前式がおすすめです。

東京には神前式ができる神社や神殿が数多く存在しています。東京ということで当然様々な結婚式を挙げることができるのですが、家族のことを考え、一生残る思い出ということを考え、会場を選んでいきましょう。

最近では、東京都内の神前式会場を簡単に検索できるポータルサイトもありますので、しっかりと活用すると良いでしょう。そうすることで、いち早く自分たちにぴったりな会場を見つけることができるでしょう。ネットを利用するだけでも多くの情報を収集することができますが、やはり自分たちの目で見かければわからないことも多いので、情報収集をし、一度足を運んでみることも大切です。

色々できる

鳥居

神前式は基本的に神社が会場となりますが、最近ではホテルでも行われています。色々な結婚式ができるようになっていますので、希望に応じた結婚式をあげることができるようにじっくり検討しましょう。

メリットとは

和装の新郎新婦

東京では神前式、人前式、教会式と様々な結婚式を行うことができるようになっていますが、神前式にはほかには消してない魅力が詰まっています。これから挙式を考えている人のために、神前式を行なうメリットを紹介します。