伝統的や文化を守る

正座をする新郎新婦

私達日本人というのは日本で生まれ育ったものの、どんどんと日本の伝統や文化から離れた生活をしています。しかし、せっかく素晴らしい伝統や文化のある日本で生まれたのですから、結婚式というとても大切な儀式は日本の伝統的なスタイルで行いたいものです。
東京では、再び神前式に注目するカップルが増えてきており、再び日本の伝統や文化が注目されてきております。よって、東京都内の神社ではブライダルフェアなるものを開催しているところが増えています。

神前式というのは、主に神社で行なうのですが、新郎新婦が結ばれる儀式というよりは、両家が結ばれるという儀式です。儀式では、神と氏神、先祖、そして両家の結びを奉告するといったものとなっています。
こうした神前式は、明治時代に大正天皇が神社で儀式を行なったことが始まりと言われており、現在までそのスタイルが変わらず続いています。

神前式では様々な儀式が行われます。厳粛な雰囲気で進行していきますので参列者、新郎新婦ともに身が引き締まります。ただ、こうした雰囲気の中儀式が行われるからこそ、絆が深まり、良い結婚生活を築くことができます。
最近では婚姻届にサインだけをして結婚式をしないというカップルも増えていますが、やはり結婚に対する重みを感じるためにも結婚式をすることをおすすめします。また、より一層結婚の意識を高めるためにも神前式が良いでしょう。

東京には数多くの神社があり、それぞれの会場で、規模、料金、雰囲気などが異なります。そのため、しっかりと比較をして希望に応じた神社を選びましょう。